「子供の成績を上げたい」と思う親御さんは多いです。

受験をひかえた子供の成績が思ったよりも上がってくれないと、心配になります。

 

子供の成長に環境はとても大切なことです。

偏差値の高い学校に通わないと、難関大学への進学は、難しい。

(難関大学に入れば必ず成功するわけではありませんが、卒業後の選択肢は確実に広がります。)

 

本人が頑張って努力しても、周りの子供が勉強に対する態度が悪ければ、必ず悪い影響が出るものです。

 

子供の将来を考えると、私立中学、偏差値の高い高校へ進学させてあげたいと考えるのは当然のことですね。

 

子供の成績を上げるため、できる限りサポートしてあげることは、すべての親が同じことです。

 

子供の学力には悩みが多い!

子供が勉強しているように思っていても、実際には成績に反映されないことも多いです。

 

  • 周りの子供と比較して成績が伸びていない
  • 志望校に合格できるのか心配
  • 暗記、計算が苦手
  • 集中力がない
  • ストレスがあるのでは?

 

子供を持つ親は、こんな悩みを常に抱えています。

子供の教育は、私たち両親にとっても大きな問題です。

回答のない問題です。ずっと取り組んでいかなければなりません。

 

「自分の子供だからこんなものなの?」ということはありません。

あなたと子供の取り組み次第でぐんぐん成績は伸びていきます。

あなたと子供の取り組みの歯車がかみ合うこと。シッカリと子供をサポートしていけるなら子供の学力の向上につながります。

 

子供の学力を伸ばす方法について理解していくと、今後の方針が分かってくると思います。

 

子供の学力と遺伝の影響は?

あなたの学生時代の学力と子供の学力の関係は気になるところ。

「あなたの成績が子供にどんな影響を及ぼすの?」こんな疑問に答えられる研究報告があります。

 

子供の学力と両親からの遺伝に関して調べた研究報告です。

結果だけを紹介すると、

学校の成績は、38%ほどが遺伝するということ。

一般的な知識の遺伝率は、55%、言語力推論能力は50%、空間的推論能力は40%。

その他の要因は、生まれた後の環境によって大きく影響するということです。

 

いかがですか。

子供の学力や能力は、子供が与えられる環境によって変わってきます。

また、両親から良い遺伝が受け継がれたとしても、適切な環境を与えられないと、遺伝した能力が開花しないということも分かっています。

 

これらの研究結果が示すのは、子供の能力は小さなころから体験する環境により、どんどん開花する可能性があるということです。

 

小さなころから、いろんなことにチャレンジさせると、いろんな能力が高まる可能性があるんですよ。

まだ、子供が小さいのなら、あなたが、身につけたいと思っていた能力を子供が身につけるチャンスです。

頑張って子供を支えてあげてくさいね。

 

関連記事:学力と遺伝の関係!子供の学力を伸ばすには周りの環境がとても大切!

 

子供が経験する環境がとても重要であることが理解できましたね。

 

周りの環境と両親の接し方!

環境面で大きな影響を及ぼすとして知られるのが、周りの大人、友人の接し方です。

 

「子供の能力を伸ばすためにあなたはどんな接し方をしていますか?」

 

始めから、何かを上手くできる子供はいません。

学校の勉強も同じ。

 

子供の能力・学力を伸ばすためには、ほめることが重要と言われます。

しかし、子供は、ほめられ方によっては、全く逆効果になることが知れらています。

 

子供が何かに取り組んで結果を出した際に、「結果を取り上げて、能力があると褒められる」か、

もしくは、「それを達成した時の努力・過程が褒められる」か

によって違ってくるというのです。

 

結果が出たことに対し「頭が良いね」とか「能力がある」

というほめ方は、その後に、努力して伸ばすことを怠ける傾向が強いです。

 

一方で後者の、達成したプロセス自体を褒めると、子供が継続して努力をする傾向にあるのです。

不思議な感じがしますが、同じレベルの子供に行った調査でも、はっきりと傾向が現れているのです。

 

つまり、あなたがやるべきことは、「子供が努力している過程をしっかり理解してあげること」

そして、努力の末に達成したことならば、頑張ってやっていた努力・過程を褒めてあげることです。

努力したことを褒めてあげることで、もっと努力して良い結果を得ようと継続していきます。

 

周りの友人との関係でも同じ。

同じことができるライバルが多いほうが、子供の能力アップの可能性が高まります。

 

小学校・中学校は、公立の学校だと一人一人の子供で学力差が大きい。

公立学校から進学校と言われる偏差値の高い高校へ入る子供は、10%程度か、もっと低いかもしれません。

 

子供のが体験する環境によっては「頭がいい」、運動ができるなら「運動能力が高い」と言われることになります。

こういった環境では、能力は伸びにくくなってしまうことが分かってきたと思います。

 

努力して達成したことは、努力を続けることが多い傾向にある。

しかし、簡単に達成してしまうと、努力をしない傾向にある。

そのため、より高いレベルの結果を得るためには、同じ目的を持った子供がいる環境に身を置くことが必要になってきます。

 

始めから、「頭が良い」から「運動神経が良い」と言われるような環境は、子供の無限の可能性を伸ばすにはおすすめできません。

 

ライバルがいる環境で育てることが、高い結果を得ることに繋がります。

その後も継続して努力を続けるし、多くの可能性が広がることになります。

子供が興味をもって取り組む努力を続けられる環境をサポートしてあなたが作り上げてください。

 

子供の学力・能力を伸ばすため、あなたが、子供の学力・能力を高められる環境をサポートすることが必要なことが理解できます。

 

子供の学力を伸ばす栄養素!

子供の学力・能力を伸ばすために重要なものは栄養素です。

特に重要な栄養素として知られるのが、DHA・EPAです。

どちらも、子供の集中力を上げて、記憶力を上げるため必須のものです。

 

日本人のDHA・EPAの摂取量を調べてみると、特に中学生高校生の年代が、これらの栄養素の摂取量が不足することが分かりました。

日本の中学生・高校生は、一日に必要な量にDHA・EPAが500ミリグラム以上足りていない報告が上がっています。

 

また、栄養素をバランスよく摂取するのがとても大切なことです。

お菓子を食べてばかりいると、血糖値が上がった状態になることで、集中力が落ちてしまいます。

集中力が落ちると、記憶力も悪くなり学力が落ちてしまうことに繋がります。

 

さらに、集中力を上げるため、ストレスを解消する効果を持つ栄養素を摂取することが必要です。

リラックスした状態で、勉強に釣り組むことができると勉強に集中して取り組むことができ、成績の上がってくるのです。

 

子供の食事は、子供の学力を伸ばすために大切な要因です。

子供の学力を上げるために、DHA・EPAをたくさん含む魚はたくさん食べさせるようにしてください。

 

子供が頑張っているからこそ、その頑張りをサポートするため学習サプリに含まれる栄養は重要な役割を果たすのです。

 

関連記事:勉強と食べ物の関係!暗記力・集中力を上げる食べ物や飲み物は?

 

子供の学力を伸ばすサプリメント!

子供の学力を伸ばすサポートのため、学習サプリを食べさることをおすすめします。

学習サプリには、記憶力をサポートする成分、脳の働きを上げる成分、ストレスを緩和して集中力を上げる成分がたっぷり入っています。

 

普段の食事で摂取できない栄養素も摂取できるので、子供の勉強に対する集中力を高めるのにつながります。

 

EPA・DHAが入っている子供向けサプリの中でおすすめなのが、

 

「ドクターデキスギ」です。

 

EPA・DHAが500ミリグラムも入っています。そのため、集中力アップには最適です。

ブレインフードとも呼ばれるホスファチジルセリン、ストレスフリー成分のGABAも配合されています。

栄養バランス満点、子供の成績サポートを食べるものなら、食事も大切です。

しかし、「食事で不足する学力を伸ばす成分の摂取のため」ドクターデキスギを摂取させるようにしてください。

 

「モンドセレクションで金賞受賞」。

子供の学力アップのためならドクターデキスギがおすすめです。

 

ドクターデキスギの詳細はこちら


 

最後に!

子供の学力を伸ばす方法を紹介してきました。

小さなころからの両親の接し方、食事に含まれる栄養素が子供が学習能力の向上に大きく関係してきます。

 

子供の学力を伸ばす方法を理解できてくると、「あの時こうしてたらよかった」というものを感じた人もいるのではないでしょうか。

 

頑張っている子供をうまくほめてあげて、十分な栄養を取り入れて、学力アップを目指しましょう。