子供が勉強する習慣を身に着けるのはホント大変です。

多くのママが、この問題を抱え、悩みを抱えています。

 

自分の子供は、頑張って勉強させていい学校に入って欲しい。

そのため万全のサポートをしてあげたい。

 

でも、子供が机に座ってもすぐに集中して勉強に取り組めるわけではないんですよね。

 

子供がなかなか勉強に集中してくれないと悩むママはホント多い。

 

そんなママに朗報です。

特定の食べ物を食べると、暗記力・集中力が高まるんです。

十分な栄養素は、普段の食事からではとり切れません。

 

子供の学力を伸ばすため、どんな栄養素が良いのかシッカリと理解して、子供が十分な栄養素を摂取できる環境を作り上げていきましょう。

 

勉強と食べ物の関係

子供の成長のために、食事は欠かせない要素です。

正しい栄養素が体の中になければ身長は伸びないし、筋肉だって付きません。

そして、学力も正しい食事をして、十分な栄養素がなければ、脳の発達がうまくいかなくなり、学力に影響を与える記憶力、集中力が高まりません。

そのため、子供が毎日食べる食べ物は、学力を伸ばすためにとても重要な役割を担っています。

 

成長期の子供は、勉強を頑張る以外にも、部活動を頑張って取り組みます。体を作るために身長を伸ばす栄養素の摂取も欠かせません。筋肉を作る栄養素も欠かせません。

勉強と成長のための栄養素を満遍なく摂取しないと健全な成長は得られないのです。

 

健全な成長のためには、食べ物がとても大切です。

食べ物に含まれる栄養素をしっかりと把握して、バランスよく成長し、学力が伸ばすためには、あなたのサポートが必須です。

 

子供の勉強、成長に必要な栄養素をシッカリと理解して、子供の食事を作ってあげましょう。

 

暗記力・集中力を高める栄養素は?

DHA・EPA

子供が勉強ができるように、暗記力や集中力を高める栄養素として知られるのは、DHAやEPA。ドコサヘキサエン酸とエコサペンタエン酸です。

 

私たちが子供の時からこれはよく言われていたこと。

 

脳に存在するオイルであり、体の中で生成することができない不飽和脂肪酸のために食べ物から取り入れなければいけない栄養素です。

 

脳神経に含まれる成分なので、不足しないように摂取させなければいけません。

 

ある調査によると、日本人の中学生、高校生は、このDHA・EPAが1日当たり500ミリグラム以上不足しているという報告があります。

 

勉強で不利にならないためにも、このDHA・EPAを取り入れるのはとても重要なことなんです。

 

αリノレン酸

αリノレン酸も、DHA・EPAと同じ働きがあります。

ココナッツオイルやオリーブオイルの中に多く含まれます。

不飽和脂肪酸が、脳に働き記憶力アップの効果をもたらしてくれます。

 

レシチン

レシチンは、脳内の神経伝達物質です。レシチンが少なくなると物忘れがひどくなり、認知症の原因にもなってきます。

レシチンには、記憶力・集中力を高める効果があり、学習効率を上げたい受験生にはピッタリの栄養素です。
毎日の日常生活で必ず取り入れるようにしてください。

 

レシチンは、納豆や豆腐などの大豆製品や豆類、ピーナッツやナッツなどのナッツ類に多く含まれます。

 

ホスファチジルセリン

レシチンは、脂質の総称。その中の一つが、ホスファチジルセリンです。

レシチンと同様、記憶力や集中力を高める効果があります。

 

脳機能にとって重要な成分であり、神経細胞を活性化させ、神経伝達物質の動きを活性化させることで、脳の働きを上げる成分です。

 

認知機能を改善させ、記憶力アップの効果を促します。

 

ブドウ糖

ブドウ糖は、脳のエネルギー源です。ブドウ糖が不足してしまうと、集中力がなくなり、勉強に身が入らなくなります。

 

ブドウ糖は、炭水化物が体内で分解され、吸収されたものです。

毎食ご飯やパンを食べることで、適切な血糖値を得られます。

ご飯抜の糖質制限ダイエットなどありますが、学力向上のためには、やめておきましょう。

 

スポーツドリンクには、適量のブドウ糖が含まれるので、お腹がすいた時の糖分補給に効果的。リラックス効果も得られます。

 

その他、必須栄養素

その他にも、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンEなどの各種ビタミン、各種ミネラルも集中力をサポートするために必要。

また、子供の成長のためにも、バランスよく栄養素を摂取していることが必須です。

 

普段の食事で、摂取しきれない栄養素は、栄養補助食品で補うのも、子供の学力を伸ばすため、子供の身長を伸ばすために必要なことです。

 

暗記力・集中力を上げる食べ物や飲み物は?

青魚

魚を食べると頭が良くなると昔から言われています。

これは、魚の中に、DHAやEPAがたっぷり含まれているため。

特に青魚には豊富です。

アジ、サバ、イワシ、ブリ、マグロなどにたっぷり含まれています。

 

そのため、毎日の食事に魚料理を食べさせると、記憶力や集中力が上がり、学力を伸ばす効果が高まると知られています。

 

DHA・DPAサプリメント

DHA・EPAが豊富に入っているサプリメントで、子供向けのおすすめは、ドクターデキスギです。

DHA・EPAは、一日当たりなんと、500ミリグラムです。

中学生、高校生に不足しがちなDHA・EPAをドクターデキスギでサポートできるんです。

 

また、脳の働きを上げるため、ホスファチジルセリン、ストレス緩和のためGABAを配合しており、勉強効率を上げたい受験生に大人気です。

 

栄養補助食品で栄養サポートすることもおすすめな学習サポートです。


ドクターデキスギの詳細を見てみる
 

ココナッツオイル・オリーブオイル

不飽和脂肪酸を含むココナッツオイルやオリーブオイルは、DHA・EPAと同じように記憶力集中力アップのためおすすめです。

普段の食事で油料理を、これらのオイルに変えてみるのもよさそうです。

 

ココナッツオイルやオリーブオイルは健康的なオイルのなので、変えちゃいましょう。

 

ナッツ類、ピーナッツ、クルミ

ナッツ類には、ビタミンEが多く含まれます。

ピーナッツにはレシチン。そして、クルミには、αリノレン酸が豊富。

いづれも、記憶力の向上、脳の伝達物質をサポートしてくれるので、記憶力、集中力を高めて、勉強効率を上げるのに効果的です。

 

チョコレート

甘いチョコレートは、血糖値を上げ、脳のエネルギー源となり脳の機能が活性化させること繋がります

また、カカオに含まれるデオブロミンが、記憶力や集中力を高める効果があり、カカオの香りが、緊張を和らげる効果もあります。

 

お茶(緑茶など)

お茶には、カテキンなどの抗酸化物質が豊富。カフェインも入っていることで、脳の情報伝達を行う細胞を活性化させる働きがあります。

その結果、記憶力の向上、空間認識能力を向上させてくれます。

 

勉強の息抜きや気分を変えるためにお茶を飲むのがおすすめです。

 

コーヒー

コーヒーに入っているカフェインには、脳の記憶をつかさどる海馬に働きかけることで記憶力を強化する働きがあります。

また、カフェインの影響で眠気を覚ます働きもあるので、夜遅くまで勉強するときには欠かせません。

 

しかし、飲みすぎは、コーヒーアレルギー等の症状が出てしまう場合もあるので一日に数杯程度に抑えておきましょう。

 

フルーツジュース

フルーツジュースには、ビタミンC、果糖などが含まれます。脳の活性化や集中力のアップの効果、リラックス効果が得られるので効果的です。

 

勉強の合間や、息抜きに飲むと気分転換になります。

 

学習サポートサプリ

以上で、どんな栄養素が、どの食べ物が脳の働きを上げて集中力アップ、記憶力アップを得られるかわかってきたことと思います。

 

子供の健全な成長を促し、学力を伸ばすためには、正しい栄養素をシッカリと摂取して、バランスよくいろんな栄養素を含む食べ物を食べなければいけません。

子供の身長を伸ばすための栄養素はこちら!

 

厚生労働省が発表するデータでも、受験期の中学生高校生が不足する栄養素があります。学力を高めるために必要な栄養素が普段の食事だけではたりないのです。

 

その栄養素を補うための栄養補助食品が、学習サポートサプリです。

 

そして、たくさんある学習サプリの中でおすすめなのが、ドクターデキスギです。

 

DHA・EPAが500ミリグラム、ホスファチジルセリン200ミリグラム、GABA30ミリグラムと学力を伸ばすために是非摂取しておきたい栄養素がたっぷりです。

 

頑張って勉強しているお子さんの学習サポートにおすすめです。

 


ドクターデキスギの詳細を見る